角釘

今日、神社の現場に行ってきました。
大屋根の銅葺きを撤去してありました。
350年前の屋根の構造を見ることができます。

実際、住宅ではないので、火を使った煮炊きとかしていませんので、古民家のように煤で黒光りしていることもなく、きれいな木材が見えます。

建立当時の釘

わかりにくいかもしれませんが、角釘です。

現在のような円釘(洋釘)ほ明治以降使われ始めたらしい。

他にも、竹を削って作成した竹釘も使われていました。

博物館でガラスケースに陳列されているものが目の前にあるのは感動です。

別に私は歴女ではありません。

古い建築物にすごい興味があるわけでもなかったのですが、本物を目の前にするとやっぱり感動します。

色々、調べたり、勉強してしまいます。

これが本物のすごさってヤツでしょう。

・・・学生のころ、このくらい熱心になったら違う人生だったかもしれませんねぇ。

おとうさん

最近、ホームページに載せる画像になるべく人もいっしょに入るように心がけています。

建設業は危険を伴う仕事です。もちろんそれを防ぐために色々手を施し、日々業務をこなします。

会社の現場や仕事場で働くみなさんのご家族に自分の父であったり、旦那さん、息子さんの働いている姿を見てほしい。

がんばるおとうさんを応援してください!

・・・なんて想い、人物入りで画像を取り入れています。

私も、旦那さんにやさしくできればいいのですが・・・中々できません。

まあ、想いだけでもあれば、いいですよね。

小学生

朝、通勤途中に小学生の集団登校に出会います。

学区が稲津小学校の子どもたちと思われますが、横断歩道を渡り終えると、止まった車にお辞儀をしてくれます。

横断中停車していた車全てに。通過するまでずっとです。

横断者がいたら止まる。止まらないのは交通違反のはず。

止まって当たり前のことなのに、丁寧に一台一台お辞儀で感謝してくれる児童をみると、なんかうれしいしすがすがしいです。が、反面自分を省みると恥ずかしくなってしまいます。

毎朝、彼達を見るのを楽しみに通勤しています。

見学会にむけて

建築部の一般住宅部門は、見学会に向けて準備の真っ最中。

色々アイディアを出し合っています。

前回の見学会からの反省をもとに工夫しています。

例えば、今回のちらしはまず見てもらえるようにデザインを変える。

細かな家の説明は無。とにかく手に取ってみてもらえるものをつくろう!

実際、新聞折り込みチラシによる新規来場者の件数は、ある資料によると10,000枚に3件。実際はもっと少ないです。

チラシを見て来てくださる方に本当に感謝しています。

今回、そういう方が少しでも増えるとうれしいです。
みんなで考え、作ったものだから。

原稿が出来たら、
ホームページに公開しますので、ぜひ見てください!

八王子神社

現場レポートにも書きましたが、重要文化財の保存修理工事が始まっています。

文化財をまじかに拝見できる喜び。

現場に行くたびに感動しています。

こういう立派な彫り物が沢山施されています。

300年以上の昔の物です。

そして、普段では絶対同じ高さで拝めない場所にあるんです。

参拝するとき鳴らす鈴。この上の梁と母屋の間にあります。

鬼かと思い調べたら、寺院には鬼もいますが、神社では先ずないとのこと。

宮司さんに伺ったら、この彫刻は鬼ではなく力神だそうです。


後ろ姿の写真。

なるほど、だからふんどし?なのかな・・・。

本当にこんな貴重な体験ができることに感謝です。

久しぶりに感動しました。

ちなみにこちらのブログで、このような不思議な彫り物の話はこれからも続けます。

お付き合いしてください。

会社で住宅の色決めとかの打ち合わせするとき。

子育て世代のお客様は小さいお子様と一緒にいらっしゃいます。

そういう場合は畳コーナーのある個室を使用。

見ての通り、何もないけど、寝転んでも大丈夫。

広さも十分ありますし、結構遊べます。

長い打ち合わせの時間、安心して同室できる空間を提供しています​。

基本、個人のお客様にはご家族の状況にあった個室での打ち合わせ​にさせていただいていますので、ゆっくり打ち合わせができます。

ちなみに全ての部屋から山が見える、景色の良い部屋です!

安堵の微笑

以前にもブログで書きましたが、自宅と会社の標高差は200mほど。

国道から県道に入る通勤途中、すれ違う車が雪を積んでる・・。いやな予感。

予感的中。
前は雪の雪道でしたが今回は降って溶けて凍って、つるつる。

会社に到着したときは思わず『にまっ!』

後は、生雪景色楽しみます。

きれいです~。

一気に目もさめました!

鹿!

毎年、よくある事ですが、現場に鹿がきます。

大概、鹿さんは逃げてくれますが、車上ならともかく、近くで遭遇すると怖いです・・・。

野生の動物たちにとって私たちは侵略者。

ごめんね。

ちょっと、住むところ貸してね。

道路を横断するときには車に気を付けてください。

とりあえず食欲


鏡開き。
わが社の鏡餅はほとんどカビることなく、鏡開きを迎えることとなりました。

本当はいただく前にブログ写真を撮るべきでしたが、いつものように食べた後の撮影となりました・・・。

近年、鏡餅はパックされかびないもの、中に切り餅が入っているタイプなどが一般化されています。

我が家もそのタイプ。

久しぶりに餅粉のついたおもちを切りました。

切れながらふっと子供の頃を思い出しました。

子供のころは、餅つきのおもちで、カビを削り、乾燥して堅くなったものを水に浸したものを焼いて、お汁粉に使いました。

もともと、甘いものが苦手の上にそういうおもちの入った汁粉は本当に・・・でした。

縁起物だからちゃんと食べないと親に叱られる・・・。憂鬱でしたよ~。

現在は普通に好きです。

おいしく頂きました。ごちそうさまでした~。